グルメ、旅行、美容、生活家電など・・・ メリハリつけて「賢く」生活を彩るヒントを模索中♪

子どもよけのガード色々  

子どもの身体が成長したのに加えて、好奇心、観察力、そして知恵・・・がついてきたように感じます。
今までできなかったようになるのはとても喜ばしいこと♪

のはずだけど・・・・

予想以上に危険がいっぱいの日々です。゚(゚´Д`゚)゚。

扉や引出しを見つけては、開けて中身を全部取り出してしまいます。

こういうのってしつけの問題だと思っていましたが、いざ叱ってみると
まあ聞かないこと!
むしろ、ニヤっとしながら、私の反応を楽しむかのように、何度もしつこく繰り返してきます・・・。

イライラしたくないけど・・・もう限界^^;
対策グッズを色々買ってきましたーーー!!!

100均(ダイソー)で、チェーンフックを購入。
1個のチェーンフックにカラビナが2個ついていたので、洗面所とシンク下の2か所に分けて使いました。

まず洗面台下の扉。
こちらは、賃貸の設備なので、粘着タイプを貼るわけにもいきません。
そこで、チェーンごと洗面台下の扉の取っ手に
巻きつけるようにロック。
IMG_6132_credit.jpg

結果、ちびひよこががちゃがちゃするも、問題ナシ!
以後、近づかなくなりましたー(*´∀`*)勝利♪笑

もう一個はカラビナ単体なので、ビニールテープで結び付けてキッチン扉の左右にとりつけました。
IMG_6178_credit.jpg


扉を開ける時はカラビナを開けなければならないので正直面倒ですが、
防止効果はてきめんでした。
IMG_6177_credit.jpg

ネットで見たら、ベルトのバックルで留めている方もいましたねー!

もう少し大きくなってきたら言って分かる年になるのかな。
工夫しながらこの時期を乗り切りたいと思います^^;

category: 作ってみた(手芸・DIYなど)

tb: 0   cm: --

【100均で・・・お正月の準備♪】   

クリスマスの準備の次は、お正月の準備です。
ああ、慌ただしい(;´ω`)

ダイソーにいくと、クリスマスコーナーの裏側に、角松や鏡餅・・・とたくさんのお正月用品が並んでいます。
IMG_20161206_144426_credit.jpg

材料集め

私が狙っていたのは、しめ縄です。

今は洋室にも合う、ちょっとモダンなデザインのしめ縄(=しめ縄リースというらしい)を手作りしている人も多いそうで・・・
私も洋花を取り入れてリース作りに挑戦してみました(* ̄∇ ̄*)

しめ縄の種類が多いのには驚きました。
IMG_20161206_144431_credit.jpg

松ぼっくりやみかんと、ついてくる物がそれぞれ違うので、迷ってしまいます。
IMG_20161206_144440_credit.jpg

大きさが大きいものは200円します。
IMG_20161206_144555_credit.jpg

戦利品

私が購入したのは、こちらのしめ縄。
梅や松、ゴールドの南天?っぽい飾りが気に入ったため♪
IMG_4121_credit.jpg

こちらは、造花コーナーのバケツの底に落ちていた、貴重な生き残り品。(アレンジブッシュ「牡丹」)
このような数種類がひとまとめになったものは他に無かったので、本当にラッキーだったのでしょう。

IMG_4122_credit.jpg

明るい色味で、とてもかわいいです。
IMG_4123_credit.jpg

「賀正」は剥がしました。
IMG_4124_credit.jpg

次に、ラナンキュラスのアートフラワー。
IMG_4125_credit.jpg

これが入るとぐっと今っぽくなるような気がします♪
作りもきれいで、しめ縄に限らず使い勝手のよさそうな商品です('ω'*)メモメモ♪
IMG_4127_credit.jpg

いざ、しめ縄作り!

簡単に、作り方を紹介します。
まずはしめ縄の、不要なパーツを剥がしていきます。
「迎春」の紙の飾り。下部についている赤い色紙飾りを剥がしました。
また、梅の飾りもはがして、別の場所に貼り直すことにしました。

IMG_4128_credit.jpg

ところが、グルーガンで留められていた梅は、剥がした後が無残なことに・・・(涙)
ここについては後で対策しましょう。
IMG_4129_credit.jpg

また、アレンジブッシュの茎部分は、固すぎてカットできないという問題が発生(゚□゚;)
本当は、余分な部分はカットしたかったのですが、あきらめて藁の形に添わせてカーブをつけて隠します。
グルーガンで接着。
IMG_4131_credit.jpg

あとはラナンキュラスは茎1cmくらい残してカットし、バランスをみながらグルーガンで藁に接着します。
梅も同様。

また、アレンジブッシュの稲穂を、梅を剥がした跡の部分に配置することで、剥がし跡を目立たなくしました。

最後に、花びらの開き具合や、稲穂の角度など、グルーガンで接着しながら微調整します。


完成♪ 

IMG_4144_credit.jpg

マンションにも違和感のない、洋風なしめ縄リースです。

鯛はいらない気もするけど、しばらくはつけておこう(・∀・;)


28日から飾る予定ですが、とりあえず試し飾り(*´∀`*)
300円でできたしめ縄。とても気に入りました~♪
IMG_4146_credit_20161206231336663.jpg

category: 作ってみた(手芸・DIYなど)

tb: 0   cm: --

【100均で・・・クリスマスの準備♪】  

12月に入って、クリスマスムード一色。
そんな中、久しぶりにダイソーに行ったので、クリスマスなアイテムを購入しました。

柊(ヒイラギ)のグリーンスプレー"Holly"。
IMG_4104_credit.jpg

アートフラワーじゃなくてグリーンスプレーなんて呼び方があるのかあ。
IMG_4105_credit.jpg

しきりに振り回すちびひよこ。
お祓いでもしてるのかな?ってくらい、エンドレスにやってました(笑)
IMG_4107_credit.jpg

私「ごめん、それ、ちょうだい」
未だかつてないほどの握力で、決して離してくれないちびひよこ。
無理やりひっぱったら、大泣きされました・・・( ̄□ ̄;)
IMG_4111_credit.jpg

IKEAのキャンドルに、リース風にグリーンワイヤーで巻き付けて、ダイニングのクリスマスアレンジに
IMG_4119_credit.jpg

続いて、お正月の飾りづくりに移ります。
続きは次の記事にて♪

category: 作ってみた(手芸・DIYなど)

tb: 0   cm: --

【自作のレフ板】  

ある日通販の段ボールの梱包材にこんな形のものが(*゚Д゚*)

これ・・・写真撮影用のレフ板にならないかな??と思い、勝手にDIY♪
IMG_0545_credit.jpg

段ボールの台紙にA4の白い紙を糊付けして、はみでた部分はカット。(大ざっぱです・・・)
IMG_0546_credit.jpg

自立式です。
IMG_0549_credit.jpg

これを、アルパカさんをモデルに効果を検証してみました。
外からの光を反射するよう、こんな感じに置いてみました。
あとは正面から撮影します。


IMG_1417_credit.jpg


レフ板なし
外からの光を浴びて、アルパカちゃんの顔の→側に影が出来てしまっています。
IMG_1416_credit.jpg


レフ板あり
レフ板に光が反射して、手前の影を明るくしてくれました。
IMG_1415_credit.jpg

こうしてみると、一目瞭然!

使わない時は折りたたんで棚に収納できます。

IMG_0550_credit.jpg

ということで、限りなく0円に近い費用で、レフ板をゲットしてしまいました(*´∀`*)

時間の余裕があるときは(笑)コレを使ってきれいな写真を撮れるように頑張ろうと思います!!

category: 作ってみた(手芸・DIYなど)

tb: 0   cm: 8

洗濯機ラックのパネルを木目調に☆DIY  

我が家の洗濯機ラックは、真っ白なプラスチック製で、なんとも無機質な感じです。
この棚が3段ついているので収納力はあるのですが、もう少しナチュラルな感じにしたい~っと思い、DIYしてみました☆
IMG_6222.jpg

使用したのはホームセンターで購入したカッティングシート。
(以前の洗面所の記事でも使用しています)
IMG_6224.jpg

これを棚のパネルにデコろうというわけです!(* ̄∇ ̄*)
木目は縦がいいかな~とシュミレーション。
IMG_6225.jpg

作り方は自己流です。
丸まったカッティングシートのクセを直すため、反対方向に丸めます。
IMG_6226.jpg

つぎに、パネル一個分のサイズに、シートをカットします。はさみかデザインナイフを使います。
サイドにもシートを貼るので、大き目にカット。
IMG_6227.jpg

はがしたシートをパネルの表面に貼っていきます。ここが一番注意するポイント。
IMG_6229.jpg

気を抜くと写真左上のように気泡が入ってしまいます。プラ製のパネルなので貼り直せますが、一発で仕上げたいところ!
別のパネルで手前から奥に押し出すようにシートを押して貼っていくと、気泡が入りにくいです。
IMG_6234.jpg

表面が貼れたらあとは簡単。サイドや手前にもシートを折って貼っていきます。
IMG_6230.jpg

手前は、洗濯機正面から目立つので、ここもキレイに貼りたい部分です。
IMG_6235.jpg

角の部分やサイドの曲線の部分など、余ったシート部分をカッターで取り除きます。
IMG_6238.jpg


角は、折りたたんで、カット。
IMG_6239.jpg

サイドの曲線部分も処理。
IMG_6240.jpg

できました!まるで木板のようなパネルの完成です!(^▽^)/
IMG_6242.jpg

これを、全部のパネルに行っていきます。慣れるまでは時間がかかるので、私は時間あるときに少しづつ、何日間かやりました。
ツカレタヨーー(;´ω`)

できあがったものをラックに戻してみます。
こんな感じです!
どこからどうみても木!というほどではないですが、色味が明るい木目調で落ち着いた分、部屋の雰囲気がナチュラルになりました(*'ω'*)
IMG_6759_20150727090429ff8.jpg

木製ラックはオシャレだけど収納が足りなかったりするので、収納力はそのままに雰囲気を変えることができてヨカッタです(^0^)

このカッティングシートはホームセンターで購入しました。品揃えが少なかったのですが、偶然気に入ったものがあって買いました^^
品揃えの豊富さなら断然インターネットがすごいです。
サンゲツの「リアテックシリーズ」や3M社製のものなど、有名なシリーズが、色味別に10cmごとで購入できます。
商品サイトではキッチンの食器棚や壁紙など、様々な場所での使用写真が載っていますが、クオリティ高くて衝撃受けること請け合いです(*゚Д゚*)

【特価52%OFF】[粘着シート 木目 サンゲツ「リアテック」人気★アンティーク木目 全12色(10cmからご購入OK!10cm単位で販売)今ならスキージー(ヘラ)付]



セレモニーに大活躍! バックリボンフラットシューズを3名様にモニター募集

category: 作ってみた(手芸・DIYなど)

ルピシアのティータイム&プランターに名札づけ  

今日は友人からもらったルピシアの抹茶黒豆玄米茶を飲んでみました。
中に玄米や黒豆がそのまま入っていて、お湯でも水出しでもどちらでもOK♪
IMG_5982.jpg

いい感じにしっとりしてきた福砂屋カステラと一緒にティータイム^^
香ばしい玄米茶と黒豆の味がして、冷たくて美味しかった~♪
IMG_5985.jpg

***
プランターをちょっとオシャレにすべく、園芸ラベル的なものをDIYしてみました。

用意した材料はクリアファイル。
これをカットして・・・園芸ラベルの形にします。
透明テープで土に差し込む部分を補強します。
IMG_6015.jpg

名札になる部分と同じサイズに色画用紙をカットします。
お好みのペンで内容を書きます。
IMG_6018.jpg

今回はネイビーの画用紙×シルバーのペンで描きました♪
本当は黒画用紙×白文字で黒板風にしたかったけど、材料の関係で断念^^;
IMG_6020.jpg

雑な作り方だけど、プランターに少し愛着が・・・( ̄▽ ̄)
IMG_6022.jpg

category: 作ってみた(手芸・DIYなど)

tb: 0   cm: 0

大量の手紙の保存  

以前からたまりにたまっていた友人や家族との手紙・・・

今まではコクヨさんのノビータに収納していました。
増えても背表紙がボリュームに合わせて広がってくれる優秀なアイテムです。

コクヨ/クリヤーブック ノビータ固定式A4 40ポケットライトグリーン/ラ-N40LG




ただ、クリヤーポケットに手紙を入れていくタイプだったので、
過去の手紙を見たい時に、ポケットから取り出さないといけないのです。

しかも、どちらの手紙が過去のものか分からなくなってしまったり・・・(・∀・;)

何より、手紙が増えて収集がつかなくなってきたので、今回、収納方法を見直すことにしました。
色々検討した結果、100均で購入した2つ穴リングファイルにとじ直すことにしました。

特によくやりとりする人は、個別にファイルを設定。
その他の人はまとめて一つのファイルにとじてしまいました。

h

封筒は思い切って処分。手紙には全てパンチで穴を開ける・・・ということで、ちょっと、悩みましたが、
時系列で手紙をすぐに見ることができて便利です。 おすすめ すっきり整理効率よく賃貸レターセット大量保存保管
せっかくとっておいたのに後で見る気が起こらない収納は嫌だったので、見やすさという点ではとても良くなったと思います(*^▽^*)

あとはしばらく様子みてみます。 こういう作業すると絶対過去の手紙読みふけっちゃう~~!
高校生のときの自分の様子とかが分かって、恥ずかしい(笑)

category: 作ってみた(手芸・DIYなど)

tb: 0   cm: 4














プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

スポンサードリンク

トップページはこちら