豊かな生活~賢くHAPPY~ ホーム »作ってみた(パン)
カテゴリー「作ってみた(パン)」の記事一覧

春よ恋でプチパン その2  

前回作ったプチパンとはレシピを変え、もう一度「春よ恋」を使ったプチパンを焼きました。

今回は、もっちりしすぎないよう、パリっとした仕上がりを目指しました。
※レシピはこちらを参考にさせていただいています。

春よ恋のプチパン(試作2回目)
IMG_3095_credit.jpg


<材料>
強力粉(春よ恋) ・・・300g
水・・・185g
塩・・・小さじ1
三温糖・・・大匙2
ドライイースト・・・小さじ1/2

作り方は、捏ね→一次発酵→ベンチタイム→成形→二次発酵→打ち粉をしてクープを入れて少量のバターを挟み、焼成(210℃17分)。

前回の試作で、「もうすこしカリっ、モチっの食感にしたい」と思い、今回はフランスパンのように温度を上げて、そして焼成時間も眺めにとってみたところ、

「どストライク」

なプチパンが焼けました(*´∀`*)
(焼成時間はもう1分くらい短くしてもいいかもしれません)

夫も「あれ?今日のプチパン美味しくない?お店の味なんだけど・・・やばい・・・うまい・・・」
と言っていたので、気のせいではなさそうです^^
IMG_3105_credit.jpg

しばらくは、我が家のプチパンはこちらのレシピで行こうかなあ。
レシピを載せて下さった方に感謝です!

五島産鯛の出汁入りレトルトカレー ブログモニター100名募集!!

category: 作ってみた(パン)

tb: 0   cm: 6

春よ恋でプチパン~その①~  

パパ大好きな長男から言われた一言。
「パパとお布団の部屋いくから、ママはここにいていい。」
・・・完全邪魔者扱いされました( ̄ω ̄;)
夫は厳しく怒ることがなくて、とっても温厚なタイプ(子どもに限らず私に対しても同じ)。
私もそうなりたいけど・・・だめだ・・・笑


しかし寝付く瞬間には私にいてほしいらしく、途中で「ママ~」と呼ばれます。
2歳児の心は複雑なようです。^^;

***

前から使ってみたかった強力粉「春よ恋」を購入してみました。

「春よ恋」は国産小麦はるゆたかの改良品種で、北海道を代表する強力粉だそうです。
もっちり系の食感が楽しめるとあって、楽しみにしていました♪

まずは、プチパンづくりです。

春よ恋のプチパン(試作)
※まだお気に入りのレシピが定まっていないため、いろんな配合で試作していく予定です。

IMG_3085_credit.jpg


<材料>
春よ恋 300g
三温糖 7g
水190g
塩5g
バター 7g
ドライイースト 5g
※こちらの本を参考にさせていただいてます。

ほんのりしあわせ。おうちパン ぱん工房「くーぷ」のbakery diary [ 門間みか ]




作り方は、捏ね→一次発酵→ベンチタイム→成形→二次発酵→焼成(190℃12分)。
作ってみた第一印象は、生地の捏ねやすさ。これが印象的でした。
決してベタつくわけでもないのに、素直に捏ねられる生地。
レビューのとおりでした。ベーグルにしたら、捏ねやすくていいだろうな~★
IMG_3079_credit.jpg

仕上がりは、白パンのふんわりした食感で、ジャムが合いそう。
柔らかいので子どもウケもいいです。

食べてみて気づいたのですが、私の好みのプチパンはふんわり系ではなくカリっモチっとした食感のようです。
次回はカリモチ食感目指して作ってみます!

【マルサン】とろける味噌詰め合わせ 8名様プレゼント

category: 作ってみた(パン)

tb: 0   cm: 0

【感謝のベーグルサンド】  

暖かくなってきて、春の訪れを感じられる毎日です☆
暖房いらずになってきました!

日頃の両親への感謝を込めて、ランチにベーグルサンドを作りました♪

ベーグルは黒ごまベーグルにしました(^○^)
黒ごまベーグル
20180306173233d23.jpg
↑暗いところで撮影したら、ダークな背景になりました(^^;

<材料>6個分
・ぬるま湯 150ml
・牛乳 20ml
・強力粉 300
・砂糖 大さじ1.5
・塩 小さじ1
・ドライイースト 小さじ1
黒ごま 適量

<作り方>
①ぬるま湯50ml+砂糖小さじ1を溶かしたものにドライイーストを溶かし、10分ほどかけて予備発酵させる。
②予備発酵のイーストがプクプクしてきたら、残りの材料と合わせてよく捏ねる。
②丸めてぬれ布巾をかぶせ、20分ベンチタイム。
③6分割して、ベーグル型に成形する。
④濡れ布巾をかけて一次発酵。
✳発泡スチロールに熱湯を入れた環境で1時間半ほど。

2018030617322934d.jpg

⑤80℃のお湯でケトリングしたら、ガスオーブン170℃で11分。 

マヨネーズを塗ったベーグルに、パストラミポークとレタス、トマトを挟んで、いただきまーす♪♪
2018030617323139b.jpg

サンドしたパストラミポークは、「かみふらの工房」さんの北海道産豚肉を使用した、ぺパーポークハム。

20180306173232cf4.jpg

ホームベーカリーの無い実家に帰ったことで、生地の捏ねかたや発酵の見極めかたを、機械に任せることができなくて苦労しました。
でも、そのおかげで美味しいパンの作り方について調べたり考えたりする機会になって、一回り成長できたかも。

これからのパンづくりが楽しみです♪

category: 作ってみた(パン)

tb: 0   cm: 2

甘夏ピールとレーズンのちぎりパン  

里帰り生活もあとわずか。
少しずつ荷造りしながら、ここでしかできない貴重な日々を噛み締めてます(*^^*)
今日は、ちびひよこが一人でズボンを履けた!
そして一人で上着を脱げた!
嬉しいな♪

甘夏ピールを使ったパンを食べたい、という家族からのリクエストを受けて、こんなパンを焼いてみました。

2018030317574050c.jpg

甘夏ピールとレーズンのちぎりパン

【材料】
牛乳(人肌程度に温めておく) 50ml+120ml
砂糖 小さじ1+小さじ2
ドライイースト 3g
強力粉 260g
塩4g
A バター 15g
A 甘夏ピール 40g
A レーズン 30g

【作り方】
①牛乳50ml+砂糖小さじ1を溶かしたものにドライイーストを溶かし、10分ほどかけて予備発酵させる。
②予備発酵のイーストがプクプクしてきたら、残りの材料(Aの材料以外)と合わせてよく捏ねる。まとまってきたらAを加えて捏ねて丸める。
③ボウルに生地を入れて濡れ布巾をかけて一次発酵。
✳発泡スチロールに熱湯を入れた環境で1時間半ほど。

④8等分して、丸めて、丸のケーキ型に並べ、濡れ布巾をかけて二次発酵。 
✳発泡スチロールに熱湯を入れた環境で1時間半ほど。
20180303175746add.jpg

⑤ガスオーブンを170度に予熱して、11分焼成。
ピールもレーズンも、多めに入れた…つもりです(^-^)
外はかりっと、中はしっとり。

今回、ちぎりパンにしたのは理由があります。
ガスオーブンは表面が乾燥して固くなりがちなので、丸パンよりもちぎりパンにして表面積を小さくした方が、ふんわり仕上がるのではと思ったのです。
結果、周囲は型でカバーされており、生地同士が接触していることもあり、ふんわり仕上がりました!
作戦成功(^○^)♪

20180303175742d4d.jpg

ピール好きにはたまらないパンになりました♪
20180303175746693.jpg

『2〜4歳 はじめてのおけいこ特別限定版』郵送先行モニター20名募集!

category: 作ってみた(パン)

tb: 0   cm: 4

りんご消費のりんごパン  

人気のりんごパンレシピで、りんごパンを焼きました♪
20180213115422d46.jpg


発酵前。
2018021312234528a.jpg


発酵後。
2018021312234752d.jpg

焼き型は、一見するとパウンドケーキ型のようですが、長方形のケーキ型のようですが、側面に傾斜がついています。
祖母の代からのもの?なので詳細は不明です(*_*;

20180213115421762.jpg

焼き時間は170度15分。

フォンダンにつかえる粉糖がなかったので
シンプルな見た目ですが、ふわふわ美味しい。
りんごのコンポートは砂糖控えめにしてあります。

20180213115419191.jpg

お歳暮などで大量にいただいていたりんご。
生で十分楽しんだので、パンにしてみました。
とりあえずこれで一個消費~(^-^)

*****

久しぶりに暖かい日だったので、水やりをして遊ぶ息子♪
20180215071529ae3.jpg

category: 作ってみた(パン)

tb: 0   cm: 6

久しぶりのミルクハース  

部屋からいなくなった私を探していた息子。
「ママ!ママ!おかあしゃん!」
そして最後には
「○○(←私の名前)ちゃ~~ん!!!!!」

私の母が呼んでいたのを聞いていたようです(笑)
***

ずっと焼いていなかったミルクハースが焼きたくなって、
こちらのレシピを参考に焼きました♪

201802091521014d8.jpg

二次発酵まではレシピどおり。
2018020915210571d.jpg

ガスオーブンのため、170度15分とかなり抑えて焼いてます。右の生地、クープが失敗して恥ずかしい(*_*;
20180209152103cbc.jpg

焼けました!

20180209152059860.jpg

半分はレーズン入り(*^^*)
家族からは、レーズンが少ないとクレーム(^^;
何かと控えめにしてしまう悪いクセ…
20180209152100b18.jpg

夫が出張で買ってきてくれたエシレバターをつけて
食べてみました♪
エシレバター、期待していたのに、いたって普通のバターでした。。。これならアンデルセンの発酵バターや、以前購入したルアーパックのほうが好みだなぁ…
どうしてだろう??(*_*;

category: 作ってみた(パン)

tb: 0   cm: 6

【バレンタインにチョコロール】  

1月も終わり、あっという間にバレンタインシーズン。
里帰り先に顔を出しに来た夫と、父に向けてパンを焼きました♪

チョコロールパン
20180202140137f72.jpg

<材料>小さめ8個分

・強力粉(イーグル)  250g
・薄力粉 50g
・純ココア 大さじ1
・砂糖  25g
・塩 2g
・バター 25g
・牛乳 180g
・ドライイースト 3g
・一口チョコ 10個(包丁で細かく砕いておく)
・(ツヤ出し用)溶き卵 1個分
・(ツヤ出し用)牛乳 大さじ1


<作り方>
①牛乳の分量のうち、50ml程度を人肌に温めて、
砂糖の分量のうち小さじ1とドライイーストを溶かして
10分ほど予備発酵する。
②予備発酵のイーストがプクプクしてきたら、残りの材料(ツヤ出し用の材料とチョコレート以外)と合わせてよく捏ねる。

③ボウルに生地を丸めて入れて、濡れ布巾をかけて一次発酵。
✳発泡スチロールに熱湯を入れた環境で1時間ほど。
④8分割して丸めて、濡れ布巾をかけてベンチタイム20分。

⑤成形して、濡れ布巾をかけて二次発酵。 
✳成形方法✳
綿棒で楕円に押し広げたら1/4づつ折り畳み、さらに半分に閉じる。ころがして長く伸ばしたものを綿棒で広げる。
(写真の左から右に工程が進んでいます)
20180202140143461.jpg

チョコレートをたっぷり散らしてからくるくると巻いていく。成形が少しいびつになりました(^^;

✳発泡スチロールに熱湯を入れた環境で2時間ほど二次発酵しています。
✳ツヤ出し用の溶き卵と牛乳は合わせて、濾しておく。
20180202140143130.jpg


⑥ツヤ出し用の卵液をハケで塗り170℃のガスオーブンで10分焼成して出来上がり。

20180202140140405.jpg

父にもあげるということで、ハート形にするのはなんだか恥ずかしく、シンプルにロールパン成形でいきました(笑)
ガスオーブンの温度と焼成時間にも慣れてきて、ふんわりしっとり、好みの仕上がりに!

クロワッサンほど重くない生地で罪悪感は少なく。
でも温めたときにとろけるチョコレートの味わいが幸せな菓子パンになりました(*^^*)

category: 作ってみた(パン)

tb: 0   cm: 3

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

スポンサードリンク

トップページはこちら

▲ Pagetop