豊かな生活~賢くHAPPY~ ホーム »作ってみた(パン)
カテゴリー「作ってみた(パン)」の記事一覧

りんご消費のりんごパン  

人気のりんごパンレシピで、りんごパンを焼きました♪
20180213115422d46.jpg


発酵前。
2018021312234528a.jpg


発酵後。
2018021312234752d.jpg

焼き型は、一見するとパウンドケーキ型のようですが、長方形のケーキ型のようですが、側面に傾斜がついています。
祖母の代からのもの?なので詳細は不明です(*_*;

20180213115421762.jpg

焼き時間は170度15分。

フォンダンにつかえる粉糖がなかったので
シンプルな見た目ですが、ふわふわ美味しい。
りんごのコンポートは砂糖控えめにしてあります。

20180213115419191.jpg

お歳暮などで大量にいただいていたりんご。
生で十分楽しんだので、パンにしてみました。
とりあえずこれで一個消費~(^-^)

*****

久しぶりに暖かい日だったので、水やりをして遊ぶ息子♪
20180215071529ae3.jpg

category: 作ってみた(パン)

tb: 0   cm: 6

久しぶりのミルクハース  

部屋からいなくなった私を探していた息子。
「ママ!ママ!おかあしゃん!」
そして最後には
「○○(←私の名前)ちゃ~~ん!!!!!」

私の母が呼んでいたのを聞いていたようです(笑)
***

ずっと焼いていなかったミルクハースが焼きたくなって、
こちらのレシピを参考に焼きました♪

201802091521014d8.jpg

二次発酵まではレシピどおり。
2018020915210571d.jpg

ガスオーブンのため、170度15分とかなり抑えて焼いてます。右の生地、クープが失敗して恥ずかしい(*_*;
20180209152103cbc.jpg

焼けました!

20180209152059860.jpg

半分はレーズン入り(*^^*)
家族からは、レーズンが少ないとクレーム(^^;
何かと控えめにしてしまう悪いクセ…
20180209152100b18.jpg

夫が出張で買ってきてくれたエシレバターをつけて
食べてみました♪
エシレバター、期待していたのに、いたって普通のバターでした。。。これならアンデルセンの発酵バターや、以前購入したルアーパックのほうが好みだなぁ…
どうしてだろう??(*_*;

category: 作ってみた(パン)

tb: 0   cm: 6

【バレンタインにチョコロール】  

1月も終わり、あっという間にバレンタインシーズン。
里帰り先に顔を出しに来た夫と、父に向けてパンを焼きました♪

チョコロールパン
20180202140137f72.jpg

<材料>小さめ8個分

・強力粉(イーグル)  250g
・薄力粉 50g
・純ココア 大さじ1
・砂糖  25g
・塩 2g
・バター 25g
・牛乳 180g
・ドライイースト 3g
・一口チョコ 10個(包丁で細かく砕いておく)
・(ツヤ出し用)溶き卵 1個分
・(ツヤ出し用)牛乳 大さじ1


<作り方>
①牛乳の分量のうち、50ml程度を人肌に温めて、
砂糖の分量のうち小さじ1とドライイーストを溶かして
10分ほど予備発酵する。
②予備発酵のイーストがプクプクしてきたら、残りの材料(ツヤ出し用の材料とチョコレート以外)と合わせてよく捏ねる。

③ボウルに生地を丸めて入れて、濡れ布巾をかけて一次発酵。
✳発泡スチロールに熱湯を入れた環境で1時間ほど。
④8分割して丸めて、濡れ布巾をかけてベンチタイム20分。

⑤成形して、濡れ布巾をかけて二次発酵。 
✳成形方法✳
綿棒で楕円に押し広げたら1/4づつ折り畳み、さらに半分に閉じる。ころがして長く伸ばしたものを綿棒で広げる。
(写真の左から右に工程が進んでいます)
20180202140143461.jpg

チョコレートをたっぷり散らしてからくるくると巻いていく。成形が少しいびつになりました(^^;

✳発泡スチロールに熱湯を入れた環境で2時間ほど二次発酵しています。
✳ツヤ出し用の溶き卵と牛乳は合わせて、濾しておく。
20180202140143130.jpg


⑥ツヤ出し用の卵液をハケで塗り170℃のガスオーブンで10分焼成して出来上がり。

20180202140140405.jpg

父にもあげるということで、ハート形にするのはなんだか恥ずかしく、シンプルにロールパン成形でいきました(笑)
ガスオーブンの温度と焼成時間にも慣れてきて、ふんわりしっとり、好みの仕上がりに!

クロワッサンほど重くない生地で罪悪感は少なく。
でも温めたときにとろけるチョコレートの味わいが幸せな菓子パンになりました(*^^*)

category: 作ってみた(パン)

tb: 0   cm: 3

【ロールパン生地で2種のロール】  

先日のロールパン生地を応用して、
お惣菜パンを焼いてみました。
実家に常備してあるまぐろフレークの缶詰を使用しています。茶色いので、仕上がりの色がイマイチなのですが…味はgoodでした(^-^)

まぐろマヨロール
201801310009349a0.jpg

<材料>ロールパン3個とまぐろマヨロール6個
✳全部お惣菜パンだと飽きるので、一部は普通のロールパンにしています。

・強力粉(リスドォル)  250g
・薄力粉 50g
・砂糖  25g
・塩 2g
・バター 25g
・牛乳 180g
・ドライイースト 3g
・まぐろフレーク(缶詰) 1缶 ✳シーチキンでもok
・マヨネーズ 大さじ2
・出汁醤油 小さじ2
・(ツヤ出し用)溶き卵 1個分
・(ツヤ出し用)牛乳 大さじ1

<作り方>
①牛乳の分量のうち、50ml程度を人肌に温めて、
砂糖の分量のうち小さじ1とドライイーストを溶かして
10分ほど予備発酵する。
②予備発酵のイーストがプクプクしてきたら、残りの材料(ツヤ出し用の材料以外)と合わせてよく捏ねる。

③ボウルに生地を丸めて入れて、濡れ布巾をかけて一次発酵。
✳発泡スチロールに熱湯を入れた環境で1時間ほど。

④2等分して、半分はそのまま丸めなおす。(まぐろマヨロール用)
もう片方は3等分して丸める。(ロールパン用)
濡れ布巾をかけてベンチタイム20分。

⑤成形して、濡れ布巾をかけて二次発酵。 
✳まぐろマヨロール用の生地は、大きく四角く伸ばし、まぐろフレーク、マヨネーズ、出汁醤油を混ぜたものを塗って巻いていく。閉じ終わりはしっかり閉める。ロール状態になった生地を6等分する。
201801310009337cd.jpg

✳発泡スチロールに熱湯を入れた環境で1時間ほど二次発酵しています。
✳ツヤ出し用の溶き卵と牛乳は合わせて、濾しておく。

⑥ツヤ出し用の卵液をハケで塗り170℃のガスオーブンで11分焼成して出来上がり。

惣菜パンが小振りだったので、焼き時間を短めに切り上げました。
温度も10度下げたところ、前回よりも生地表面がふんわり、柔らかく仕上がった♪♪
ガスオーブンでの設定は、これが良いかも。
201801310009350fb.jpg


ついで焼きしたロールパンは、翌朝の朝食になりました(^○^)卵サンド♪
20180131000933de8.jpg

category: 作ってみた(パン)

tb: 0   cm: 0

【バター控えめのふわふわロールパン】  

2歳になってお話ができるようになったちびひよこ。
たどたどしい言葉がすごく面白いです。
寝起きに
「今日はこのママかわいいね」
と言われたけど、どういう意味だったのか…( ゚A゚ )
ちなみにそのあと、「パパもかわいいね~」と(笑)

****

先日作った天然酵母パンの奥深さに恐れをなして、
もう一度ドライイーストに帰ってきました。
初めてのロールパンに挑戦です。


バター控えめのふわふわロールパン


201801271704139ec.jpg


<材料>
・強力粉(リスドォル)  250g
・薄力粉 50g
・砂糖  25g
・塩 2g
・バター 25g
・牛乳 170gプラスアルファ
・ドライイースト 3g
・(ツヤ出し用)溶き卵 1個分
・(ツヤ出し用)牛乳 大さじ1

<作り方>
①牛乳の分量のうち、50ml程度を人肌に温めて、
砂糖の分量のうち小さじ1とドライイーストを溶かして
10分ほど予備発酵する。
②予備発酵のイーストがプクプクしてきたら、残りの材料(ツヤ出し用の材料以外)と合わせてよく捏ねる。
✳ここで固く感じたので牛乳をプラスアルファ加えました。
③ボウルに生地を入れて濡れ布巾をかけて一次発酵。
✳発泡スチロールに熱湯を入れた環境で1時間ほど。

④6等分して、丸めて濡れ布巾をかけてベンチタイム20分。

⑤成形して、濡れ布巾をかけて二次発酵。 
✳発泡スチロールに熱湯を入れた環境で1時間ほど。
✳ツヤ出し用の溶き卵と牛乳は合わせて、濾しておく。

成形が難しかった~
20180127170228fb2.jpg

発酵後の状態。
20180127170226e32.jpg

⑥ツヤ出し用の卵液をハケで塗り180℃のガスオーブンで13分焼成して出来上がり。
✳下段には水をはってみました。
201801271702252dc.jpg


材料の配合は、くるみパンの材料をアレンジしたものです。
バターは控えめですが、ふんわりしてほのかに甘味を感じるお気に入りの生地です。

ガスオーブンで焼くと焦げ目がつくのがやっぱり早い。
そして、表面はかりっと固め。
その点を除けば良い感じに焼けたと思います♪
牛乳の分量は次回、確定させたいな。
20180127170411afd.jpg

焼きたてを食べた父とちびひよこから大好評でした♪

category: 作ってみた(パン)

tb: 0   cm: 4

りんご酵母のプチパン  

前回の記事で完成したりんごの天然酵母を使って、
プチパンを焼きました♪
20180124234651928.jpg

初めてストレート法で中種を作らずに作ってみました。
生地からりんごの香りがフワァ~っとしてとってもいい香り♪♪
でも、イマイチ発酵が進まず、まだかまだかと
やきもきしているうちに、長男をお風呂に入れたり次男を寝かしつけたりして、だんだん疲れが出てきてしまい、
見切り発車で焼成。
20180124234653655.jpg

香りはいいけど、食感は重めでずっしり。
余裕のない今の自分にはパン焼き、あまり向いてないのかも(;_;)と落ち込みます。
家族は美味しいよと言ってくれましたが…
次は自分が納得できるものを作りたいなぁ。

DCMホールディングスファンサイト参加中

category: 作ってみた(パン)

tb: 0   cm: 4

【りんご酵母づくり】  

里帰り中のちょっとした楽しみとして、ひさしぶりに天然酵母を始めました♪

りんごがたくさんあったのでりんご酵母に挑戦です。

りんご酵母(練習中のため、覚書)

201801242346573d9.jpg

【材料】
湯冷まし…350ml
りんご…半分
砂糖…大さじ1

【作り方】
①煮沸消毒した瓶にりんご、湯冷まし(30度くらい)、砂糖を入れ、蓋をして軽く振ります。暖かい部屋に置きます。私は、オイルヒーターかけっぱなしの部屋でヒーター隣に置いていました。

②1日2回ほど、上下をかえして軽く振り、蓋を開けて空気を取り込みます。
③シュワシュワ泡立ってアルコール臭がしたら酵母液の完成です。
④煮沸消毒した瓶に液体だけ濾して(消毒した茶漉しとスプーンを使って濾す)、冷蔵庫で保管して2週間ほどで使いきります。

以前、りんご酵母は失敗して、それっきりになっていました。
完成の見極めが難しくて、苦戦しました。

2日目で水の色がすこし濁りました。
20180124234654c5b.jpg

3日目には小さな気泡がふつふつ。
20180124234658f54.jpg

4日目になって、
・瓶をゆすると盛んに泡がシュワシュワしている。
・蓋を開けるとツーンとした炭酸とアルコールの香り。
・臭くはない。
・液は白濁している。

こういった完成の見極めの目安となる条件は一部満たしているものの、

・蓋を開けても「ポン」という音はしない。
・瓶の底にオリは見られない。
・泡の量はあまり多くない。

といったことが気になってしまい、本当に完成しているのか不安で不安で…
どこで酵母起こしをストップさせるのか、チキンレース状態(^^;

以前レーズン酵母を作ったときの記事を見てみたら、
まったく同じ内容で悩んでいた(笑)
それでも無事発酵できていたので、今回もこの状態で完成としました。
20180124234705cd5.jpg

子供と遊びながら時々瓶の中を見るのが楽しい時間です(^-^)
それにしても寒い~雪の中、こたつで丸くなってます。

category: 作ってみた(パン)

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

スポンサードリンク

トップページはこちら

▲ Pagetop